年齢より若く見える髪型(男性)

年齢より若く見える髪型(男性)

ショートカットにする

<% metaKeywords %>
実年齢よりも若く見える男性の髪型というのは、大前提としてショートカットの髪型です。ショートカットならば、ある程度は若く見える髪型が多いです。

まだ若いうちは、ロングヘアでも構いません。なぜなら「髪の毛にハリやコシがあるから」です。しかし30代を過ぎると、髪の毛は「老化」していきます。ハリやコシがなくなり、パサパサになります。男性は髪の毛に気を使わない人も多いので、あまり気づかないかもしれませんが、鏡を見て老けたな…と思ったら髪の毛も老けている可能性は十分にあります。

ハリやコシが失われた髪の毛を上手く隠すには、ショートカットが最適です。これならばロングよりも髪質が気になりません。それに、ある程度の大人ならばショートカットが一番似合う髪型です。また、ショートカットは「清潔感」を感じるので職場でも気になりにくいと思いますし、他の人からも好印象になりやすいです。清潔感を出すことは相手にとっても自分にとっても気持ちの良いものです。

アパレル系で働いている男性は、髪型をロングにしている人がいます。ロングでもおしゃれに見えるのは評価できますが、若々しさという点からは個人的にはあまり評価できません。おしゃれな男性で、自分がどうやったら若く見えるか知っていながらロングを選ぶのはいいんですが、みんなが真似するものではありません。ショートカットが無難な髪型です。
<% metaKeywords %>

おでこを全開にしない

男性が若く見える髪型は、少し毛先が長めの坊主だったり、無造作に毛先を遊ばせる髪型などです。実際には、これにしておけば絶対に若く見えるという髪型はありません。人の顔には個性があり、顔の形も菱形だったり丸顔だったり様々です。だから、人によって若く見える髪型は変わります。しかし、どんな髪型にしても若く見えるには共通のポイントがあります。それは「おでこを全開に見せない」という点です。

坊主だと、おでこが全開に見えてしまうのでしょうがないのですが、他の髪型では、おでこをすべて見せるのはやめましょう。

おでこが全開に見える髪型といったらオールバックですよね。オールバックだと、老けて見えます。サラリーマンにはたまにオールバックの人がいますが、やっぱり若くは見えません。若く見えないし、一昔前のサラ金にも見えてしまいます。

だから男性が若く見える髪型は、おでこを全開に見せない事です。ショートカットにするとおでこは多少見えますが、全開にしないのを意識しましょう。また、おでこが見えたらきちんと眉毛も整えるようにしましょう。眉下に生えている無駄な毛を剃っておくことで、清潔感が感じられるのでさらに若く見えます。眉毛がボーボーだと、おじさんに見えてしまいます。

菱形を意識した髪型にする

若く見える髪型は、美容師さんがいうには「菱形を意識した髪型」だと言っていました。菱形とは、頭と顔を含む部分を菱形にする事です。頭のトップ、耳、アゴを先で結ぶと菱形になりますよね?髪型も、それを意識したものにします。

具体的には、ツーブロックという髪型です。

ツーブロックとは、サイドの毛を軽く刈り込み、トップの髪の毛を残した髪型です。髪の毛が短いため、ビジネスマンに向いています。また、ヘアアレンジが聞くので週末はトップの髪の毛を少し遊ばせてというのもできます。

この髪型は、頭のトップと耳、アゴを結ぶ先にそった髪型です。サイドの刈り込んだ髪の毛が菱形の直線上になり、サイドがすっきりと見えます。

この髪型ならばおじさんのようにヘアジェルでガチガチに固めた髪型にしなくてもいいです。自然に爽やかな男性になれるため、若く見えます。

ツーブロックは、芸能人がやって流行ってる髪型です。流行りに乗るのは若く見えるために大切な事なので、ツーブロックの髪型にして若さを取り戻しましょう。

オススメは、床屋さんじゃなくて美容室で髪の毛を切る事です。美容師さんに聞いて、ツーブロックにすると自分はどんな仕上がりになるか聞いてみましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)