ミトコア300mgは40代におすすめ?

ミトコア300mgは40代におすすめ?

今、40代で赤ちゃんを望んでいる人も増えています。40代で不妊に悩む人のほとんどは、2人め3人めではなく、1人めの妊娠を望んでいます。これには、近年騒がれている晩婚化も影響しているといえます。若いうちのほうが妊娠しやすいということは、誰もが知っている事実ですよね。これは、歳をとることで卵子や精子といった生殖機能も老化、衰えてしまうからだといえます。

【40代で自然妊娠する人のほうが少ない】

酷な話かもしれませんが、40代の人で「何もせずに自然妊娠」する人はほとんどいないと思ってください。40代になると、特に女性は閉経に向けて準備を始める年頃です。だんだんと排卵の数が減るなど、「妊娠」とはどんどんかけ離れた状態になっていきます。これは全員に当てはまることですし、当たり前のことなので落ち込む必要はありません。ここで言いたいのは、40代で妊娠したいのなら「しっかりと準備」をしなければならない、ということです。妊娠にはタイムリミットがあります。40代にすでになっているのなら、妊娠までの時間というのはかなり限られてしまいます。自然妊娠を待ちたい気持ちは分かりますが、自然妊娠を待って無駄な時間をダラダラと過ごしてしまうのはおすすめできません。

【40代の不妊は原因不明?】

40代の不妊は、非常に深刻です。40代で赤ちゃんがほしいと思っても、多くの人は「赤ちゃんができない」という不妊の壁に当たることになるのです。しかもそのうちの90%もの人は、不妊の原因がはっきりと分かっていません。これといった病気もなく、それなのになぜな妊娠することができないのです。これは、卵子または精子のどちらかに問題がある場合が多いです。
というのも、40代の卵子は若い人の卵子と比べると質は悪いです。40代の人がどんなにお手入れをしても20歳の人の肌にはかなわないように、卵子の質もかなうことはありません。これはある意味仕方がないことですね。
老化した卵子というのは、ミトコンドリアの質が低下しているのだといえます。ミトコンドリアは卵子に蓄えられていて、卵子の活動エネルギーになっているものです。つまり、ミトコンドリアがたくさんある卵子は動きも良く質も高い、ミトコンドリアが少ない卵子は質が悪いということです。卵子の質というのは、40代どころか35歳頃から急激に低下していくと言われています。このため、35歳以上になると妊娠率が急低下してしまうのです。

【40代の妊娠にはイースタティックミネラルがおすすめ】

では、そんな卵子の質が悪くなってしまう40代が無事に妊娠するためには、どうしたらいいのでしょうか。ここでおすすめなのは、イースタティックミネラルが配合された「ミトコア300mg」というサプリメントです。イースタティックミネラルは、ミトコンドリアを活性化させることのできる唯一のイオン化ミネラルです。イースタティックミネラルを補うことでミトコンドリアを活性化していき、徐々に卵子を若返らせることができるんですよ。
原因不明と言われる不妊の大半は、年齢による卵子や精子の老化です。これに打ち勝って妊娠するためには、老化を食い止めるだけではなく、卵子や精子を若返らせることが重要になるのです。

40代の妊活には、時間がありません。
歳を取ればさらに妊娠する確率は低くなっていきます。もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、質の悪い卵子や精子で人工受精や体外受精をしたとしても、無事に出産できる可能性は低いと言わざるをえません。それよりもイースタティックミネラル配合のミトコア300mgを飲んで卵子や精子を若返らせ、妊娠する確率を高めてみませんか?ミトコア300mgで妊娠した40代の人はたくさんいます。ミトコア300mgは、40代の妊娠をサポートしてくれる優秀なサプリメントだと言えるでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)