若返りには食事が大きく関係していた!若返り効果が期待出来る食べ物や食事法などをご紹介!

若返りには食事が大きく関係していた!若返り効果が期待出来る食べ物や食事法などをご紹介!

若返り。それは男女問わず、憧れる事ですよね。年齢が若く見られるには、見た目は勿論のこと「体内の若々しさ」も大切になります。内側は外側に現れてきますので。

この記事では、普段必ず私たちが行う「食事」で、若返りが出来る方法をお伝えします。

若返り効果が期待出来る食べ物

まず、老化の原因の一つに「活性酸素」という体内の細胞を酸化させ老化の原因になってしまうものが強く影響します。この活性酸素は、体内にある酸素と結びつき、増えすぎると様々な弊害をもたらす物質です。身を守る働きもあるので必要なものではあるけどバランスを悪くして増えすぎると老化の原因にもなってしまうものです。

つまり、増えすぎている活性酸素を取り除く事が若返りに繋がるという事です。活性酸素を取り除くのに有効とされている栄養素は以下になります。

・カロテノイド
別名、カロテンです。強い抗酸化作用を持っているので、体内で発生する活性酸素を除去してくれます。

・ポリフェノール
強力な抗酸化作用を持つ栄養素。

この二つは水溶性、脂溶性の部分で働きますが、ポリフェノールはどちらでも働く事が出来るので酸化を防ぐという点でポリフェノールはおすすめです。

・抗酸化ビタミン
難しい書き方ですが、要するにビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの事で、老化の原因になってしまう活性酸素の働きを抑えてくれる作用があるビタミンのことです。

これらはそれぞれ単体でも、しっかり若返りの効果が出ますが、お互いを助け合って相乗効果で更に効果が上がります。勿論バランスの取れた食事が一番です。他にも若返りが期待出来る食べ物はたくさんあるので、積極的に摂取しましょう。

若返りのビタミンならトップクラスのビタミンサプリ

若返りのビタミンEは活性酸素を除去し若返り効果も期待できます。ビタミンB2は成長ビタミンとも言われ細胞の正常な働きにも欠かせない重要なビタミンです。ビタミンEを多く含む食べ物は「梅」です。ビタミンB2を多く含む食べ物は「レバー」です。

中々食べ物からビタミンを摂るのは難しいと思います。そこで役立つのが「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」です。なぜ、多くのビタミンを摂取できるサプリの中からこれが一番なのか。

その理由は「トップクラスの高品質」だからです。

どのように高品質なのか?

あなたも経験があると思いますが、ビタミンを摂取すると「尿が黄色」になりますよね。特にビタミン剤などを飲むとなります。これは、ビタミンB2が黄色になる原因だそうです。つまり、体外に排出されてしまっているんです。ビタミンを摂った後に尿が黄色になるのは、石油由来のマルチビタミンでそうなるようです。つまり、体を通過してせっかくの栄養が排出されている…。

そう、ビタミンを摂取して、尿が黄色にならないことが大切なんです!

そんなビタミンサプリなんてあるの?

はい。それが「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」なんです。

更に、20種類以上ものオーガニック野菜、果物、きのこ類などを丸ごと使っていて、安全面は勿論のこと、果物のへた、実、皮、種を丸ごと使っていますので、栄養価も高いんです!

更に、乳酸菌を加えて発酵させて、熟成させているので栄養価もアップしています!

20種類以上ものオーガニック野菜、果物、きのこ類をたった1粒でしっかり摂れるように作られています。私は、これをこえるビタミンサプリメントは見たことがありません。恐らくビタミンサプリの中でナンバーワンだと思います。

しかも、90日間全額返金保証もついています!

若返りのためにビタミンを摂取したいなら「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」です!

「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」なら若返りビタミンEが1日の必要摂取量の117%も入っています!

血管年齢を若返らせる食事法と食べ物

動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中等血管にまつわる怖い病気はたくさんあります。年齢を重なるにつれて、こういった部分にも少なからず影響は出ます。ですが、少しでも血管年齢を若返らせる方法があります。

・肉より魚を中心の食生活に

魚にはDHAやEPAという成分が含まれています。これらには動脈硬化の原因になる中性脂肪を減らす効果があります。更に血中の凝固を防ぐ働きもありますので、心筋梗塞や脳卒中も予防します。

DHAやEPAをサプリメントで摂取したいのなら、「厚生労働省が推奨している1,000mg」を摂取できるサプリメントがあります。世界で最も厳しい基準でテストをしている世界保健機構(WHO)のガイドラインをさらに進化させた厳しいテスト4項目にすべて合格している国内唯一のメーカーが販売しているトップクラスのDHAやEPAを摂取できるサプリメントです。

そのサプリは「心的外傷(トラウマ)」を克服するために役立つサプリ!?血液をサラサラにしてイライラを抑え頭をスッキリさせて集中力を高めたい!?それなら厳しいテストに見事合格した「ドクターズチョイス プレミアムオメガ3」です!の記事を見て下さい。

・大豆、大豆製品を積極的に食べる

大豆にはイソフラボンが含まれます。イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、特に更年期以降の女性などに動脈硬化を予防する効果が期待出来ます。

・塩分摂取を控える

塩分摂取を控えると、動脈硬化の予防になって血管年齢を若返らせる事が出来ます。とはいえ、完全には取り除けないので、減塩調味料を使ったり、醤油やソースを使う量を減らしたりすると良いでしょう。あと塩は「精製塩」ではなく「天然塩」に変えるほうが良いです。病気の原因にもなりかねないのは「精製塩」です。詳しくは以下の記事を読んで下さい。

【高血圧】減塩は嘘!塩が将来の健康を左右する!デトックス効果の高い塩風呂なら徳島県鳴門の精製していない粗塩(天然塩)もおすすめです!

 

若返るために緑黄色野菜の摂取を増やす

食事は毎日欠かせないもの。必ず行う事だからこそ、少しの工夫で若返りに繋げれたら良いですよね。まずは食べる順番です。食事をする時メインディッシュから手を付けるのではなく、野菜を先に食べる。これだけで血糖値の急激な上昇を防ぐ事が出来ます。

それに、野菜の摂取量は増えますから体に良い方法といえます。若返りにいい体をつくるには緑黄色野菜を意識して摂取すると良いとされています。炭水化物の摂取量を極端に少なくし過ぎると、血管が脆くなりやすくなるので動脈硬化が起きやすくなりますから、注意が必要です。

よく噛む事で若返る

若返りを意識すると、食事内容にばかり気を取られます。勿論何をどの順番で食べるか、というのは重要ですが、それ以外にもきちんと噛むというのも大切だったりします。よく噛む事によって抗酸化に繋がります。唾液に含まれる成分に酵素がありますが、酵素は活性酸素の発生を抑えてくれます。

つまりよく噛んで唾液をたくさん分泌させれば、酸化を防ぐ事が出来ます。よく噛む事って現代の方になると、なかなか難しいかもしれませんが意識して噛むようにすると、酸化を防ぐ以外にも良い事があります。噛む事で満腹中枢が刺激され、食事量を抑える事が出来ます。消化不良によって体内で酸化が発生しますが、それも防げますし、お肌のたるみも防止出来ます。よく噛む事は良い事ばかりなので、是非意識して噛むように心がけましょう。

若返り食と効果

私たちの体は日々老化をしています。例えばどんなにエステの施術を受けても、美容外科でボトックスを打ったとしても私たちの体や肌を作っている細胞が老化していたら意味がありません。細胞というのは食べたり飲んだりしているものから出来上がります。

若さを保つ為の食材はたくさんあります。だからといって、たまに思い出して食べれば良いという訳ではありません。それではせっかく効果が期待出来る食材も、効果が出ずらくなります。若返りに良いとされている物と、食べ方について紹介します。

1つめは”夜に納豆を食べる”。
大豆に含まれる成分にポリアミンという老化の進行を抑える成分があります。この成分は発酵する事により増加します。なので納豆は老化の進行を抑える働きをしてくれます。

また、成長ホルモンを増やすアルギニンという成分も豊富に含まれています。成長ホルモンそのものが夜に作られるので、夜に納豆を摂取するのが良いでしょう。

若返りの食事法

表面だけ若く作ろうとしていても、体の内面が老化していては意味がないです。老化の原因に”糖化”というのがありますが、それを抑えるのは食事法にヒントがあります。若返りを促す5つの方法を紹介します。

①糖質をカットする

②動物性タンパク質は3回以上に分けて摂取する

③毎食グリーンリーフ(濃い緑色の葉野菜)をとる

④いい油をたっぷりとる

⑤食事の間隔を4時間以上空けない

お腹がぽっこり膨らんでへこまないのは何故か?

理由は炭水化物のとりすぎで消費出来なかった糖質が、脂肪になってお腹に残るからです。糖質をカットというのがありますが、甘い物や白米、麺類の他にジャガイモやトウモロコシなどの糖質が多く含まれる野菜も控えます。代わりに肉、卵、チーズを毎食食べる事によって、細胞を作るのに必要なアミノ酸などを含むタンパク質をとると良いです。

そして、肉や魚の摂取量が増えると血液が酸性に傾きます。これを解消する為に、高アルカリ性のグリーンリーフを摂取するようにします。油は太りやすいから…と摂取しないでいると、肌にハリがなくなって顔や全身がたるみます。適度で質のいい油なら体には大切です。食事の回数も大切です。1日3食のほかに、昼食と夕食の間に食べる事によって血糖値が急上昇しないので体への負担も減ります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)