ミトコンドリアと若返り

ミトコンドリアと若返り

1、ミトコンドリアって?

ヒトの細胞は特殊なものを除いて全て「核」と、その他の「小器官」で構成されています。ミトコンドリアは細胞の小器官の1つ。そのミトコンドリアは血液中の酸素と糖を化学反応させて生きるために必要なエネルギーを作り出す働きがあります。つまり、ミトコンドリアは生きるために必要なものです。

生きるために必要なエネルギーを作り出す働きがあるミトコンドリアの質と量は、若返り健康妊娠深い関係にあるのです。妊活や若さを保つためには「質の良いミトコンドリアが体内にたくさんある」ほうが良いのです。

精子や卵子も細胞なのでミトコンドリアが存在していてエネルギーを作り出しています。そのミトコンドリアに”直接”働きかけ「ミトコンドリア機能の改善・回復」を目指すことを目的として開発された安全性の高い成分が「イースタティックミネラル」。

この「イースタティックミネラル」というミトコンドリアの機能を改善し回復してくれる成分が「ミトコア300mg」というサプリメントの重要な構成要素になっています。「ミトコア300mg」サプリメントは、男女を問わず、どのような方でも摂取可能です。男性の不妊改善にもおすすめです。


「イースタティックミネラル配合ミトコア300mg」の詳細はこちら

2、ミトコンドリアと若返りの関係

では、具体的に「ミトコンドリア」と「若返り」はどのような関係があるのでしょうか。

ミトコンドリアは、エネルギーを生成するための化学反応時に、必ず「活性酵素」も作り出してしまいます。
体内で生成する活性酵素のおよそ8割が、ミトコンドリアによるものと言われています。

活性酵素は、老化の原因となるものです。お肌のシミやくすみの原因になります。
ミトコンドリアが少なく質が悪いと、化学反応のときにこの「活性酵素」をたくさん作り出してしまうのです。

ミトコンドリアは、もちろん皮膚の細胞内にも存在しています。

コラーゲンが若返りに重要なことは既にご存知かと思いますが、
皮膚の細胞内のミトコンドリアは、コラーゲンの生成に関わっています。

3、ミトコンドリアを増やすと若返る

若返りと深い関係にあるミトコンドリアを増やせば、体を若返らせることはできるとされています。

ミトコンドリアは、エネルギー生成のためになくてはならない存在です。
「生きるために必要なエネルギー」をミトコンドリアが作り出しているのです。

ミトコンドリアが少ないと、呼吸や体温調節などの「生きるために必要なエネルギー」を作り出すだけでミトコンドリアを使い果たしてしまいます。

ですから、若返りのための「老化防止機能」にまでエネルギーを使うことが出来なくなります。
ミトコンドリアがたくさんあれば、生きるために必要なエネルギーを生成し、
老化防止機能のエネルギーを生成することも出来るようになります。

これが「ミトコンドリアを増やすと若返る」と言われる理由です。

4、ミトコンドリアと食事について

ミトコンドリアを増やすためには、食事も重要です。なぜなら、「空腹を感じるとミトコンドリアが増える」からです。
ミトコンドリアと空腹の関係については、後ほど詳しく説明します。
ミトコンドリアを増やすためには、運動前の食事は避けたほうが良いと思います。早食いも禁物です。
週に1~2日ほど「プチ断食」するのがおすすめです。プチ断食とは、1日水や野菜ジュース、野菜スープのみで過ごすことです。
ストレスを感じない程度に「プチ断食」にチャレンジしてみましょう。
ストレスはお肌にとって良いものではありません。
せっかく若返りのためにミトコンドリアを増やしても、ストレスのせいで肌トラブルを起こしては勿体ないですよね。

5、ミトコンドリアと若返りと運動について

運動をすると、活性酵素が発生します。久しぶりにジョギングをすると、たいした距離を走らなくても息切れしますが、毎日ジョギングを続けていると次第に息切れせずに長距離を走ることが出来るようになります。
これは、ミトコンドリアが取り込んだ酸素を効率よくエネルギーに変換できるようになったからです。
息切れしないようになる=ミトコンドリアが多くなる、ということで、ミトコンドリアが多ければ運動時に発生する活性酵素は少なくなるのです。
ミトコンドリアと若返りに効果的な運動は、5分ほどで汗ばむような、少しきつめの有酸素運動です。
運動に慣れていない人は、縄跳びなどから始めると良いでしょう。

6、ミトコンドリアと若返りと空腹について

ミトコンドリアと若返りと食事について、の項目でも少し話しましたが、ミトコンドリアは空腹を感じると増えると言われています。なぜ、空腹を感じるとミトコンドリアを増やすことが出来るのでしょうか。
ミトコンドリアを増やすには、「体を危機的状態にする」必要があります。
体が危機的状態に陥ると、エネルギー生成システムの効率が活性化します。
つまり、ミトコンドリアが増えるというわけです。
しかし、食に困ることの少ない現代では、体が危機的状態になるほどの空腹になることはほとんどないと思います。ですから、意識的に「体を危機的状態にする」必要があります。
そのために最も簡単な方法が、プチ断食なのです。
ただし、あまり頻繁にプチ断食を行っていると、太りやすい体質になったり、体を壊したりしてしまいます。
あくまでも「ほどほどに」行いましょう。

7、体内のミトコンドリアを増やせば、体は一週間で若返る?

ミトコンドリアを増やせば、一週間で体は見違えるほど若返ることができます。
ミトコンドリアを増やす方法についてはいくつかお話しましたが、それらの他の方法をご紹介したいと思います。

・筋肉痛にならない程度の運動
・寒さを感じる
・背筋を伸ばす
・片足立ち

などがあります。

冬は寒いからと家に閉じこもっている人が多いですが、ミトコンドリアを増やして若返るためには、思いきって外に出て、寒さを感じましょう!
寒さを感じるには、サウナのあとに冷水に浸かるなども良い方法です。
自宅で簡単に出来る方法だと、「背筋を伸ばす」や「片足立ち」などですね。
これらは、どちらも1日1分ほどで効果が出るのでおすすめです。
体内にある「ミトコンドリア」は目に見えないので、なんとなく難しい話かもしれません。
しかしこれらの方法を続ければ、必ず結果として出てきます。
若返りのため、ミトコンドリアを増やすためには毎日の努力が欠かせないのです。

8、ミトコア300mgについて

卵子、精子には元々大量のミトコンドリアが蓄えられていて、このミトコンドリアの活動が低下することにより、女性、男性の本来の機能も低下するとされています。

「ミトコア300mg」の重要な構成要素「イースタティックミネラル」は、ミトコンドリアに直接は働きかけることを目的として開発された成分です。

更に「ミトコア300mg」の特徴は一般にある抗酸化サプリメントより一歩進めた「酸化還元」を目指したサプリメント成分であることです。

「ミトコア300mg」は医薬品ではなくサプリメントになりますので、実感は個人差がありますがミトコンドリアは生体活動エネルギーのほとんどに関与しているため、卵子、精子だけでなくカラダ全体にも良い影響があると考えられております。

是非、「ミトコア300mg」をお試しください。

 ミトコンドリアは脂肪が燃える場所でもある

ミトコンドリアは脂肪が燃える場所だということをご存知ですか。以下の引用文をお読みください。

脂肪が燃える場所、それは細胞内のミトコンドリア。
しかし、脂肪は単独ではミトコンドリアに入れません。L-カルニチンが脂肪をミトコンドリアに運ぶので脂肪は燃焼されるのです。

太りやすくなる原因の1つ「L-カルニチンの低下」なので、脂肪をしっかり燃焼させるにはL-カルニチンを摂取することが良いのですが、カルチニンには怖い副作用があって、成分によっては身体に有害物質が発生してしまうカルチニンもあるんです;;

なので、世界で最も安全なカルチニンであるスイスのロンザ社製のL-カルニチンが原料として使われているドクターズチョイス L-カルニチン500mgがおすすめです。ドクターズチョイスは世界最高品質を目指すサプリメントメーカーで、私もドクターズチョイスの商品を愛用しています。

しかも90日間全額返金保証もあるのでドクターズチョイスの商品が初めての方でも安心してご購入できます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)